ダイエット

ビタミンCを摂ってもほとんど意味がない人とは?

こんにちは!
ヘルスコーチの前迫です!

あなたはビタミンCを摂っていますか?

よくお肌にいいと聞きますよね。

あなたがニキビに悩んだことがあるなら、頼ったこともあるのではないでしょうか?

実際、ビタミンCには大切な役割がたくさんあります。

酸化ストレスを抑える(老化に関わる)

鉄の吸収を助ける(貧血に関わる)

脂質代謝にも必要(脂肪を減らすのに関わる)

コラーゲン合成に関わる(肌に関わる)

ということが言われています。

どれもこれも重要な役割ですね。

ビタミンCを摂るだけでは意味ない!?

ビタミンC摂らなきゃと思いましたか?

でも、ちょっと待って。

あなたはビタミンCの恩恵を受けることができる状態ですか?

「何かを摂れば改善する」

あなたを含め、我々の身体はそんな単純にはできてないのです。

ビタミンC摂ってるのによくならないじゃん!

もしあなたがそう感じるなら、入れたビタミンCはほぼそのまま外に出ています。

ビタミンCを摂ってもほとんど意味がない人とは?

1つ挙げておきます。

それは、普段から砂糖をたくさん摂る人です。

糖質もそうですよ。

あなたは摂っていないと胸を張って言えますか?

糖質を摂りすぎてはいけないちゃんとした理由があります。

砂糖(グルコース)とビタミンCはかなり構造が似ているんです。

そして、どちらも細胞に入る時に、インスリンに依存します。

つまり、

糖分はビタミンCが細胞に入るのを制限する可能性があるのです。

砂糖の摂りすぎが健康によくないというのは、今更ですかね。

砂糖は「栄養素」ではなく「反栄養素」です。

それだけは心得ておいてください。

まとめ

そうです。

今回のまとめは

「砂糖を摂りすぎるな」ということです。

甘さに埋もれた食事は、あなたに悪いことばかりもたらします。

食の改善は必須です。

あなたが健康に美しくなりますように。

 

〜追記〜

公式LINEでは、健康やダイエットに関する、超有料級の深い話もしています。

さらに。。。

最強ダイエット術を今だけ無料で配信中です!

このチャンスを逃さないで下さい。