健康

牛乳はほんとうに健康? 3つのデメリット

こんにちは!
ヘルスコーチの前迫です!

あなたは牛乳を飲みますか?

私は飲みません。

あなたは子どもたちに牛乳を飲ませますか?

私が親なら飲ませません。

あなたは牛乳にとても健康的なイメージをお持ちでしょうか?

私も昔はそうでした。

今日の投稿は、あなたの常識を覆すことになるかも知れません。

準備はよろしいでしょうか?

牛乳に潜む毒素

牛乳や豆乳には毒素がたくさん入っています。

なぜか。

スーパーに並ぶほとんどの牛乳は、飼育小屋で穀物を食べ育った牛から摂れるものだから。

飼料には、GMO(遺伝子組み換え)や殺虫剤が使われています。

牛にはホルモン剤や抗生剤が投与されています。

これにより母乳も汚染されているのです。

(妊婦さんも授乳期間は食べ物などに気をつけるかと思います。)

穀物を食べた牛由来なので、あなたが普段の食事で大量に摂っているであろうオメガ6脂肪酸も豊富になっています。

そもそも、牛乳は高度に加工されたものなのです。

ラクトース

ほとんどの乳製品にはカゼインと乳糖(ラクトース)が含まれています。

これは多くの人に 炎症や消化不良を引き起こす化合物です。

特に、わたしたち日本人のほとんどは、乳糖不耐症です。

乳糖の消化酵素「ラクターゼ」が不足しているのが原因です。

あなたは牛乳を飲んでお腹がゆるくなったことはありませんか?

私はもちろんあります笑

低脂肪牛乳

低脂肪牛乳というのが販売されていますね。

人工的な脂質を取り除いた牛乳にはラクトースという糖質しか残りません。

私の投稿を見てくださっている方はお分かりかなとは思いますが、

「ローファット志向」というものがそもそもの間違いです。

解決策

ご安心ください。

解決策もご提案します。

①オーガニックの牛乳、グラスフェッドの牛乳、オーガニックの豆乳を選ぶようにしましょう。

②オーガニックであっても週2〜4に留めましょう。

③牧草牛のバター、生乳を選びましょう。
グラスフェッドバターは、バターからバターミ ルクを除去するプロセスがあるため、カゼインおよびラクトースが少ないのでオススメ。

まとめ

「牛乳は体に良いもの」そのイメージが強く、なかには払拭できない人もいるようです。

そういう方は、「そもそも牛乳の何が健康にいいとされているのか?」その理由を調べて吟味してみるとよいかもしれませんね。

あなたのためにも、あなたのお子様のためにも、品質に気をつけるということは最低限しておきたいですね。

それでも、私は飲みません。

あなたが健康に、美しくなりますよう心から願っています。

 

You are what you eat.〜あなたはあなたが食べたものでできている〜

それでは。

 

〜追記〜

公式LINEでは、健康やダイエットに関するお悩み相談も行っています。(残り10名様

さらに。。。

最強ダイエット術を今だけ無料で配信中です!