ダイエット

ケトジェニックダイエットの勧め

こんにちは!
ヘルスコーチの前迫です!

あなたは”ケトジェニックダイエット”をご存知ですか?

正しい方法をご存知かは別として、聞いたことがある方は多いかもしれませんね。

ケトジェニックでは「高タンパク、高脂質、低炭水化物」が基本となります。

誤解のないように念を押しますが、脂質を確保するのは”健康的なアブラ”からです。

ここを間違えるとむしろ逆効果です。

ダイエットを強く志している人でなくても、ケト食への切り替えをオススメします。

スッキリしたきれいなカラダ、朝から晩までハイパフォーマンスな状態、病気に苦しまない健康的なカラダを手にしたいのであれば。。。

ケトジェニックの真の狙い

ケトジェニックの真の狙いは、糖質を控えて、良い油を摂ることで、最終的に私達の身体を、糖質をエネルギー源して使うシュガーバーニング(糖質燃焼型)から、脂質をエネルギー源として使うファットバーニング(脂質燃焼型)の状態につくり変えていくことにあります。

というのも、本来、人類は脂質の燃焼(ファットバーニング)でエネルギーを得るようにできています。

なぜなら、食物の獲得は狩猟を中心としており、炭水化物はあまり手に入らなかったからです。

シュガーバーニングは1日分の燃料しか蓄えられないにもかかわらず、ファットバーニングではその20倍もの燃料を蓄えられることができます。(すぐ甘いものを欲してしまうのは、シュガーバーニングの特徴です。)

反論「脳にはグルコースが欠かせないのでは?」

ここで反論がでてくるでしょう。

「脳のエネルギー源に糖質(グルコース)が欠かせないのではないか」

いいえ、この事実はもはや神話になりつつあります。

今では「人間のカラダはすべて、グルコースではなく脂肪酸によるエネルギー源を必要としている」というのが、医学の分野では当たり前になりつつあります。

私も、ケト食に変えてからは一切眠くなることがなくなりましたし、朝から頭が冴え、作業がとてもはかどります。

気にするようになるとわかります。嫌というほどに身の回りには糖質で溢れています。

もし、あなたが糖質信者だとしても、安心してください。

どうやっても糖質ゼロにはなりませんから。

実際それが影響して、現代のほとんどの人が糖質をエネルギー源として使うシュガーバーニング(糖質燃焼型)になっています。

朝も糖質、昼も糖質、夜も糖質。。。

反論「古き良き日本食は白米だ」

ここで1つ、よくある反対意見が「古き良き日本食は白米を主食とする食事だ」というものです。

気持ちはわからなくもないですが、大衆に白米が広まった江戸時代にはビタミンB1不足による「脚気」が広まったとされています。

それに、江戸時代なんて人類の歴史に比べたらほんの最近です。

シュガーバーニング(糖質燃焼型)の悪影響はいくつもあります。

●AGE(終末糖化産物)というあらゆる病気の引き金となりうる破壊的な物質の産生。

●血糖値が急激に急上昇しインスリンのスパークの発生。過剰な食欲やパフォーマンス低下につながる。

などなど

本当に古いのでしょうか?

本当に良いものなのでしょうか?

理想的なカラダになるには?

では、糖質燃焼型(シュガーバーニング)から脂質燃焼型(ファットバーニング)に

変えるにはどうしたらいいか。

もう一度お伝えしておきますね。

糖質を控えて、糖質の代わりに質の良い油(脂質)を取る

ということです。

良い油は人間の体を作る上で欠かせない栄養素です。体内でエネルギー源となるだけでなく、細胞を保護し、脳や全身の神経、ホルモンの働きもサポートします。

さらに、良い油を摂る習慣が身につくと、空腹感を感じなくなるので、甘いお菓子が食べたくなったり、爆食いをしたりする事は一切なくなります。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、行動した方には、体重の減少、ニキビの改善、パフォーマンスの向上などなど、多くの嬉しい変化が訪れることでしょう。

ポイントは”正しい方法で忠実に行うこと

これに尽きます。

ただし、成長盛りの子供とボディビルダーには一概には当てはまらないのでご注意を。

 

あなたが健康になるよう、美しくなるよう、幸せになるよう心から願っています。

You are what you eat.〜あなたはあなたが食べたものでできている〜

それでは。

 

〜追記〜

公式LINEでは、健康やダイエットに関するお悩み相談も行っています。

大好きなあの人を振り向かせたいなら、今すぐ友達追加!