ダイエット

”高脂質”があなたの世界を変える

こんにちは!
ヘルスコーチの前迫です!

今回も「アブラ」に関する話です。
私がクライアント様に教える際にも、最も力をいれている部分ですので、参考にしてください。

タイトルを見て「唐揚げやトンカツはもしかして健康に良いの!?」
と思った方もいるかもしれませんが、残念ながらそんなことはありません。

私の言う脂質というのは、「良いアブラに関してはの話です。

脂肪が悪いはなぜ広まったか?

では、なぜ脂肪がすべて悪者になってしまったのかという経緯をもう一度話させていただきます。

1960年代、ハーバード大学では「砂糖、脂肪、および心臓病に関するレビュー」が行われ、砂糖と脂肪がどのように健康に影響するか精査されました。

ハーバード大学の研究は数十年続き、メディア、保険衛生当局、食品業界は、

【低脂肪、高炭水化物の食事】を推奨しました。

つまり「低脂肪食」こそが、心臓病を予防する最も健康的な食事として宣伝されたのです。

・・・

実はこれには、裏がありました。

この研究のために多額の資金を提供したのは、巨大な「砂糖産業」だったのです。

中立的な研究を得る上で、これは大きな問題になります。

私が、研究結果を見るときに一番に注意することは

その研究のスポンサーや、背景にあるものは何か?」ということです。

現代の多くの研究では、スポンサーによるバイアスがかかっています。

私が食品企業のサイトに載っている研究内容をチェックするときには、必ずここでひっかかります。(研究対象者や実施方法なども引っかかることが多いですが。)

砂糖産業は、砂糖が心臓病を引き起こすという1950年代に判明した研究を隠すため、研究に資金を提供していたのです。

砂糖を悪者にしないように、研究者は飽和脂肪を心臓病の原因として悪者にしました。

脂肪が悪者になった結果

その後、食品メーカーは、トランス脂肪酸と精製された砂糖を含む食品を市場に投入しました。

食品メーカーが、食事の中の飽和脂肪酸を、トランス脂肪酸と砂糖で置き換えると、肥満の流行と、それに関連する健康上の合併症が増加しました。

アメリカ人にも日本人にも、低脂肪、高炭水化物食を採用して以来、糖尿病、心臓病、癌の発生率は上昇しています。

良い脂肪のメリット

幸い近年の多くの研究結果から、脂肪についての真実が明らかになりました。

多くの科学研究で、健康的な脂肪を食事に取り入れることのメリットが確認されています。

健康的な脂肪は、次のような効果が分かっています。

・体重を減らす
・炎症を減らす
・エネルギーを高める
・脳の健康を改善する
・寿命を延ばす

食事に健康的な脂肪を増やすことは、あなたの健康とパフォーマンスを上げる第一歩です。

では、健康的な脂肪とはなんなのか?

明日以降、また説明していこうと思います。
楽しみにしておいてくださいね。

あなたが健康になるよう、美しくなるよう、幸せになるよう心から願っています。

You are what you eat.〜あなたはあなたが食べたものでできている〜

それでは。

 

〜追記〜

公式LINEでは、健康やダイエットに関するお悩み相談も行っています。