ヘルスフード

【痩せやすい体に大変身】バターコーヒーの簡単な作り方紹介

正直,今回の記事は無料で提供するのをためらいました^^;

少し長めの記事となっていますが,LINE登録者様限定の超優良コンテンツですので,ぜひ最後までご覧ください!

朝食にオススメのバターコーヒー

みなさんは朝食に何を食べていますか?

「カロリー制限」と言って朝食を食べてない人はいませんよね?

最低限のカロリーは確保することは忘れないでくださいね。

とは言っても,朝って時間ないし,何食べていいかもわかりにくいですよね。

そんなあなたにオススメなのがバターコーヒーです。

これまでの朝食をバターコーヒー1杯に替えるだけです。

簡単に作れるだけでなく,カロリーをだいたい200前後に抑えることもできます。

※僕はプラスして,朝食にプロテインも飲んでいます。

昼や夜にムリな食事制限をする必要がなくなるわけです。

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーに使う材料選びが最も重要です。

間違っても,マーガリンなどの市販のアブラ(質の悪い脂質)を使わないでください。

それなら飲まないほうがマシです。

いえ,飲むべきではありません。

 

バターコーヒーに使う商品はこちら

・オーガニックコーヒー・・・1杯
・ギー(グラスフェッドバターでも可)・・・大さじ2杯
・MCTオイル・・・大さじ1杯

人によっては,見たことのない製品が並んでいるかもしれませんね。

大丈夫です。AmazoniHerbで簡単に買えます。

1つずつ説明していきますね。

オーガニックコーヒー

画像は私が使用しているKALDIのオーガニックコーヒーです。

「朝から豆を挽くのは面倒くさいし時間もない」という方がほとんどだと思います。

そこまでこだわる必要はありません。お湯を注ぐだけでOKなドリップコーヒーを選んでください。

健康面を考え,オーガニックをおすすめします。

小川珈琲店などでの購入もオススメです。

ギー

購入はこちらから

※売り切れている場合はこちら

バターをやさしく煮立てながらカゼインやラクトースのような潜在的なアレルゲンを除去する、シンプルな製造方法で作られています。良質な脂質の一つです。

グラスフェッドバター

ギーの代わりに,グラスフェッドバターを使うのもオススメです。

塊で送られてくる+冷凍保存なので,冷蔵庫や室温で少し柔らかくしてから一口大に切ってください。

↑こんな感じです。

今回ギーをオススメしたのは,最初から瓶に詰められており,手軽に扱いやすいからです。

お好きな方を使ってみてくださいね。

MCTオイル

購入はこちらから

世界で最初のオーガニックMCTオイルです
殺虫剤、遺伝子組み換え作物、ヘキサンいずれも不使用の認証オーガニックココナッツから製造しています。フィルターオイル不使用。パレオダイエットに適した自然由来のグルテンフリー食品です。

実際に作りましょう

先ほど紹介した商品を使って,実際に作っていこうと思います。

今回は朝忙しいあなたのために,世界最速の方法を書かせていただきます。

なんと,100均で買ったシェイカーにそのまま入れていきます笑

作り方は以下の手順でやってみてください。

1.シェイカー(コップ)に大さじ1杯のギーを入れる。
 ※気持ち多めの方がおいしくなります。脂質も確保できるのでお試しあれ。

2.MCTオイルを大さじ1杯加えます。
※MCTオイルは初めての方だとお腹がゆるくなってしまいがちなので,
   小さじ1杯から始めてみることをオススメします。

3.上からコーヒーを注いでいきます。

写真のようにシェイカー(コップ)にひっかけて,上からお湯を注ぐだけです。

4.20〜30秒振りましょう。
※これだけで十分混ざりますし,おいしいのですが,さらに綺麗に混ぜたい
   という方はハンドミキサーなどを使って混ぜても良いです。

たったこれだけで完成です!!

もう少し時間に余裕があるよという方は,お気に入りのコップに入れて,ミキサーで混ぜて作ると優雅な気持ちになれるかと思います。

バターコーヒーへ湧き上がる疑問

みなさまが感じる疑問に答えていきます。

朝食がそれだけだとお腹空いちゃうんじゃない?

これまで白米やパンを食べていた方はそう思うかもしれませんね。

しかし,バターコーヒーに使用するMCT(中鎖脂肪酸)オイルは素早く消化吸収されてエネルギーに変わるので,空腹になりにくいんです。

MCTオイルなんて聞いたことないけど?

MCT(中鎖脂肪酸)は摂取後すばやく吸収され,すぐにエネルギーに変わり,脂肪を体内に溜め込まないという特徴を持ちます。

実は,医療現場でもエネルギー補給として使われるほど,優秀な脂質なんです。

脂質そんなにとって大丈夫?

避けるべきは糖質であり,脂質ではありません。ここを勘違いしている人が多いです。詳しくは後述しますが,良質な脂質を摂ることがポイントです。

必読!ダイエットに関する正しい知識

ここからは,かなり重要な内容です。お見逃しのないように!

人間のエネルギー源に主に使われるのは糖質脂質です。

でも実は,エネルギー源として蓄えられる脂質のタンクは,糖質のタンクの40倍もあるんです。

にもかかわらず,現代には糖質が溢れているせいで,糖質をエネルギー源として使おうとする体になってしまっています。

いかに効率の悪いことをしているか,お分かりですね?

油を多めに摂るように変えることで,脂質をエネルギー源として使いやすい体に順応させていく必要があります。

ファットバーン”と呼ばれます。

個人差があるのでなんとも言えないのですが,体が切り替わっていく目安はだいたい2週間と思ってください。

それで,このときに意識するのが良質な脂質を摂るということです。

質の悪い脂質は,太る原因となるだけでなく,健康にも悪いです。

 

さて,補足してもう一つ注意しておきたいことがあります。

たまに,糖質制限をしている方で,脂質も摂らないようにしている方がいます。

これは大きな間違いです。

主なエネルギー源の2つがなくなってしまうわけですからね。

代わりにエネルギー源として使われるのがタンパク質です。

すなわち,筋肉です。

筋肉が減るということは,基礎代謝が落ちます。

筋肉量も減るため,一時的には体重が落ちるかもしれませんが,健康的でない太りやすい体(リバウンド体質)の完成です。

低糖質・低脂質を同時にやってしまっている人は,相当危険です。

高タンパク・低糖質・高脂質(ケトジェニックダイエットとも呼ばれますね。)を意識してください。

念を押しておきますが,摂取するのは良質な脂質ですよ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

引き続き,美肌/ダイエット/健康に役立つ知識を発信していきますので,今後とも宜しくお願い致します。

You are what you eat.〜あなたはあなたが食べたものでできている〜